ロゴマーク
森林インストラクター
いばらき
トピックス

「花や自然を写真で楽しもう」 実施報告書

開催日時: 5月24日(日)13時〜15時30分

場所: 筑波実験植物園

参加者: 6名、スタッフ: 5名(合計11名) 担当: 平井

初めての試みとして、“樹木や草花の生態を楽しみながら、同時に美しく写真に残そう!”という趣旨で、イベントを開催しました。参加者の方は、合計6名、カメラに詳しい若い方達から、デジカメ初心者の年配の方まで様々でした。スタッフも入れると合計10名ほどで、初めてのイベントにはちょうど良い人数でした。

初めに、スタッフ挨拶の後、参加者の方のイベントに来られた理由などを話していただきました。皆さん、植物など自然にも、デジカメで写真を撮ることにも両方興味を持たれているようで、このようなニーズが幅広くあることを実感致しました。その後、私の持参したiPadに入れた、樹木の写真の色々な角度からの撮り方、失敗例と改善例なども画像でご紹介しつつ、撮影に行く前の、イメージを持って頂きました。

いよいよ撮影コースに向けて出発です。ちょうど満開のヤマボウシを初めに、樹木や草花に興味を持っていただくための特徴などのお話をスタッフが先ずご紹介し、その後に、私が撮影のポイントを紹介しました。後は皆さん自由に動き回って、樹木や草花の写真を撮って頂きました。回ったコースは短いものでしたが、樹木ではほかにウツギ、ハコネウツギなど、草花では、トリアシショウマやアヤメなど、初夏の花々を5〜6種類撮影しました。

コースから戻ってきたら、皆様の写真の入ったメモリーカードを一度お預かりし、ノートPCに入れて、皆さんとご一緒に写真を見ながら、良いポイント、もう少しこうしたら更に良くなるなどのお話をさせて頂き、イベントの振り返りをしました。同じ花を撮っても、皆様それぞれ違う見方をされて、それが写真にも現れていて、私自身が大変参考になりました。自然を見る目は人それぞれなのですね。インストラクターとして肝に命じねば。また参加者の皆様も他の方の撮った写真を見るのは参考になるようでした。

スタッフが選んだ参加者の皆様の写真を1点ずつセレクトして、森林インストラクターのホームページに掲載する予定です。本当は良い写真がたくさんあって、1点だけというのは心苦しいですが、ぜひお楽しみにしてください。最後に、またこのようなイベントをしたらまた参加したいかどうかお聞きしたところ、また参加したいと仰って頂きました。嬉しい限りです。ご協力頂いたスタッフの方々にも感謝です。喜んで頂けた様なので、このイベントは続けたいと思います。秋の頃に、可能でしたら続編を企画したいと思います。またご参加、スタッフのご協力、お待ちしています。

(文:平井)

photo01 photo02 photo03
スライドショー<参加者の皆さんが撮影した写真>
最終更新日:2015年6月10日
© 森林インストラクター茨城